できる人の“つかえる”話しだけを採用する。ブログの読みかた・書きかた

Wordpressブログ

スポンサーリンク

ブログを書いていると「読んだ人にどんな風に思われるんだろう」と考えることがあります。

逆に、ほかのブログも気になります。「この人はどんな人だろう」、「こういう風に考えるのか」。断定するように書かれていると、自分が批判されたように錯覚することもあったり。
(;´Д`A “`

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
今さらですが、ネット(ブログ)とのつき合い方について、考えてみました。[/speech_bubble]

 

2017.5.9、朝6時半ころ甲府駅南口にて。

 

いろんな人のブログを読んで思うこと

いろいろな人の考えかたに触れていると、「この人の考えかた、いいなぁ」と思うことがよくあります。でも、それだけというワケにもいきません。

そんなとき、ついつい「あれはおかしい」、「参考にならない」と書いてしまうこともあります。(絶賛、いましめ中です…)

あらためて「鈍感力必要だな」と感じております。
(;´Д`A “`

 

影響力ある人が自分と真逆のことを書いているとき

そういうとき、フツーにへこみます。。ムカついたりもします(笑) ただ、ちょっと視点を変えてみると、ニヤリとしてもいいのかなと思うようにもなりました。

「あれ? もしかして○○さん、ワタシのブログ読んでくれてる?」と考えてみる。もしそうだったら、意見が合わないことより、読んでくれていることのほうがわたしだったら嬉しいです。
٩( ”ω” )و

実際、読んでくれているかどうかは分かりません。でも解釈はわたし次第(笑)

変に心がざわざわするより、いいと思いません?

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]どんだけ自意識過剰なんだよ! と思っていただいて大丈夫です。正解です(笑)
イイと思ったら取り入れる(試してみる)。逆であれば気にしないというだけ。どうしても気になるようなら、勝手にいい方に変換してしまう。
楽です(笑)[/speech_bubble]

 

発信する人がこれだけ増えて、様々な考え方に触れる機会が増えました。
読み手としても、いちいち真に受けない読みかた、流す読みかた など、なにかしらフィルターのようなものを持っておこうと感じています。

 

それでもスッキリしない→脳内ホリエモン(堀江貴文さん)に相談して沈静化する

  • ○○というやりかたはしません
  • ××は違うと思います

こんな風に、ブログに書いているかたがいたとしましょう。「そうか、わたしの考えかたはおかしかったんだ」と思うなら素直に反省です。

しかし、納得いかないことだってあります。そんなときは、モヤモヤしたイヤな時間を過ごすのではなく、「変換」もしくは「スルー」。

それでもダメ。スッキリしないとなれば、脳内の仮想ホリエモンに相談です。
٩( ”ω” )و

 

わたし「気になるあの人がブログでこんなことを書いていました。堀江さん、わたしもそうするべきでしょうか」

ホ『そうしたかったら、そうすればいいんじゃないですか』

 

おそらく、ホンモノから返ってくる答えもこんな感じでしょう(笑)

そうしたいならそうする。納得いかないならスルー。自分の感情は自分でコントロールするしかありません。わたしであれば、脳内ホリエモンに相談して、バッサリ言われて(突き放されて)冷静になると。。

人が100人いれば100とおり。正論であっても、納得いかなければ納得する必要はない。あの人のようになりたいと思っても、すべて真似することは不可能ですからね。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE_ase.png” name=”タナカ”]なぜ堀江さんがこんな風に答えるかというと(推定の答えですが…)、キホン「誰もあなた(わたし)のことなんか見ていない」からです。
「何と戦って、どれだけ時間をムダにしているんですか」ってことですわな。[/speech_bubble]

 

脳内相談、けっこうおススメですよ!
٩( ”ω” )و

 

赤羽一番街の「ラーメン二郎赤羽店」(9日夜)

 

せっかくのWordpress、「どう思われるか」気にしすぎない

「気にしない」ではありません。「しすぎない」です。「しない」と決めたところで、少しは気にしてしまいますので。
(^_^;)

しかしこれも、自意識過剰なだけでしょうね。皆それほど暇じゃありません。いちいちわたしのような小者のやること(なすこと)など、気になんてしていないのです。

 

セミナー・読書など、「わたしのお金のつかいかた」

我ながらお金、つかっています。税理士登録の関係など、使わざるを得ないタイミングではありました。ですが、自発的にも使っています。勉強のため(自己投資のため)と言い訳して。。

そのあたりのことは、ブログにも書いています。

このタナカってやつ、金ばっか使ってセミナー受けて、ホントに身につくのかwww

という反応が見えるような気もします。
(;´Д`A “`

 

ストレートに相談してみました

2日前のセミナー、その日(2017.5.9)の夜に大原の非常勤講師に時間をもらいました。

いろいろと相談しました。最後のほうで「お金かけてセミナーばっかり受けて、こんな状況どう思います?」とストレートに質問。
(^_^;)

返ってきた答えは、

 

講『いいんじゃないですか? いまのうち、どんどん受ければ。笹岡先生のやつ、僕も行きたいですよー。いくらですか? たかっ!(笑)』

 

これで気が楽になりました。単純です(笑) まぁ、目の前で否定的なこと言えるワケない気もしますが(笑)

というか、わたしは誰にどう思われるのを怖がっていたのでしょうね。
(;´Д`A “`

そもそも、その「誰に」の「誰」がどこに存在するのかって話しです。もし居たとして、そんなのスルーしたらいいんですから。

 

 

【結論】誰に遠慮する必要がある? 遠慮なくWordpressをつかえ(読め)

そう、遠慮する必要なんてありません。嫌われることを恐れず、伝えたいことは書く。伝わる人には伝わります。「嫌われる勇気」ですね。

関連最近再読してみて良かった4冊(自分の微妙な変化にも気づけた)

 

もちろん読み手にまわったって同じです。参考にしようと思えばしたらいいですし、違うなと思えばスルー。

間違えても、つっかかるようなことをしてはダメです。腹を立てたら負けくらいの気持ちで!
٩( ”ω” )و

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]ブログ読みたい、本も読みたい、自分サイトの体裁も考えないといけない。
不要な情報はさっさと忘れる。発信したいことはする。
自分の時間を変に消費しないよう気をつけます![/speech_bubble]

 

甲府駅行き発車前。バスタ新宿にて(2017.5.10朝7時ころ)

 

執筆後記

また二日前(2017.5.9)の話しを。
講師と別れたあと、赤羽のカプセルホテルへ。久しぶりのカプセルホテルでうっかり耳栓を忘れてしまい、案の定眠れぬ夜となってしまいました。
安さ優先でカプセルホテルを選ぶのであれば、耳栓必須です。忘れず準備しましょう。

もうひとつ。
カプセルホテルがある「赤羽一番街」は、呼び込みがおおいです。しかし、ほとんどの呼び込みは積極的ではありません(笑)
9日、一度だけ声をかけられましたが、ひとりだと滅多に声はかかりませんね。歩きやすくていいです。
仕事しなくていいんだろうかと思うほどです(笑)

昨日の一日一新

バスタ新宿発・甲府駅着 の高速バス