税理士試験、いろいろ考えすぎて時間をムダにした思い出

失敗

スポンサーリンク

過去の失敗ばなしが続きます(笑)

今回は、上のアイキャッチ画像の本にまつわる?失敗。

この本、たしか、法人税法を勉強する前に読んでおこうと思って買いました。

でも、けっきょく、難しくて読めなくて挫折。。

今になって、無理もないと分かりました。
今読んでも、なかなか読み応えあって、スラスラ読んでスラスラ理解とはいかないです。
(;^ω^)

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士として開業予定のタナカです。
失敗、失敗と書いていますが、しっかり成功の母になってくれたと思っています。
法人2年目以降、変なよそ見はせずに済みましたからね。[/speech_bubble]

 

 

 

大原・TACにお金払ったら、よそ見する必要ナシ

大原やTACに払うお金は、一科目でだいたい20万円くらい。

このお金を払って何をしてもらえるか、考えたことあるでしょうか。

わたしが考えたのは最近ですが(笑)
「情報収集に時間をかけないで済む対価」なのかなと思うんですよね。

大原やTACが合格に必要なものを用意してくれますから、受講生は講義・テキスト・問題集に集中すればいいわけです。

「税法の読み方」も「判例の見方」も、受験生のうちは知らなくて問題なしです。

(そこまで必要とされたら、一年で合格なんてできないよ…)

 

 

 

財表時代のよそ見

財務諸表論、第60回から第62回までの3回、理論がめちゃくちゃ難しかったんですよね。
(62回受験→合格でした。)

理論が難しくなって、
「大原、TACのテキストだけでは対応できない」
なんてことが、まことしやかにささやかれていました。。

それで、全国的にかどうかは分かりませんが、少なくとも一部で流行(はや)った本がこちらでした。

わたしも買いました(笑)

それで、この本を読みこんだかというと、読みこんでいません。。
中途半端に読んで終わりました。

人によるでしょうが、わたしには読みづらい本でしたね

これを読んでおけば第62回が有利だったか?
それもあやしいです。。

第62回本試験は、大原の理論テキストで対応しきれる問題ではなかったです。
でもけっきょく、大原・TACのテキストレベルを超えるような問題は、みなさんできませんので。。

さらにもうひとつ言えば、20万円も払って役に立たない資格スクールでは、他にお客をとられますから。
(;^ω^)

 

 

 

手広くいきたくなる気持ちも…

相続税法だと、第63回以前までは、見たこともないような難解な財産評価がよく出ていたみたいです。
(タックスアンサーを見てさえいればできたとか。。)

今はどうかと言えば、大原・TACのテキスト・問題集が、そのへんを吸収してくれています。

なので、だいじょうぶ! (相続は。)

 

法人・消費だと、前回(66回)の問題見ちゃうと目の前が真っ暗になりそうです。

ワケの分からないものに対応のしようは無いので、王道でいきましょう!
٩( ”ω” )و

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]手広くいきたくなる気持ちは分かります。
でも、まずは資格学校を信じて。
直前期の答練でも、本試験並みにやっかいなものが用意されていますからね。[/speech_bubble]

 

 


更新はやく税理士になりたいなら合格しやすい科目を選ぶのもあり<2017.2.28更新>(元ネタ→)【税理士試験】価値観の多様化、税法科目はなんでもいいと思います

更新書くことがなくて強引に書いたと思われる記事(笑)<2017.2.28更新>(元ネタ→)【独立】【ビジネス書】読む、読む、読む、読む、読む!


【編集後記】

バイオハザード7、昨晩ようやくクリアしました。
casualモードで。(;´▽`A“

購入後1か月。。
プレイ時間14時間。。

youtuberの動画実況と比べて、時間かかりすぎです(笑)

 

【昨日の一日一新】

KuLAくずし字学習支援アプリ