「PDCA」「弱者の戦略」など、一気に学べるコーラと関係ない本

読んだビジネス書など
sdr

スポンサーリンク

2017.7.11まで、Kindle本の一部が50%オフ(Kindle本50%OFF大型セール)になっております。
(しょっちゅうやっていますが。)

そんな中、「100円のコーラを1000円で売る方法2」は93%オフ。
安い分には大歓迎です。

営業の本っぽくて気になるタイトルですし、108円ならハズレでも痛くないので買ってみました。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]山梨県で税理士やってるタナカです。
セールを逃しても、古本なら安いです。[/speech_bubble]

 

ストーリー仕立てで読みやすい

読みやすいです。斜め読みもしやすい。

中身ですが、

主人公である「久美」の会社は会計ソフトベンダー。
業界トップのライバル社に商品を模倣され、≪社長の会計≫は徐々にシャアを奪われる。

こんな感じで始まります。

最終的にはハッピーエンドとなるワケですが、そこに至るまで、ビジネス書で見たことがある内容がふんだんに盛り込まれています。

「ふんだん」な分、個別に見れば専門書にかなわないでしょうが、薄く広く知れるって悪くないです(わたしは好きです)。

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]昔わたしが事務機器を売る会社にいたこともあり、「直販」と「販売代理店」の競合あるあるには思わずニヤリと。[/speech_bubble]

 

 

「他の本の寄せ集めだ」というレビュー

上でも書きましたが、確かに「寄せ集め」です。

でも、知らない人が読めば「こんなやりかた(考えかた)があるのか」と、
とりあえず本だけで知っている人が読めば「いいとこ取りできるんだな」と、思えるのではないでしょうか。

 

 

コーラは関係ない。100円を1000円で売る本でもない

前作は「コーラ」の話しだったようで、その流れみたいですね。
100円を1000円で(突然の雨なら傘が高く売れるみたいな)、という話しでもないです。

くり返しになりますが、ウスさがいいなと。
(^_^;)

PDCAの説明なんて、2ページくらいです。
“「Action→Plan」と戻るのではなく、らせん状に上昇させる”で終了です(笑)

この潔さ!٩( ”ω” )و
PDCAの本、たくさんあり過ぎて何を読んだらいいか分からず、読んだことが無いわたし。
これくらいサラッとでいいですよ!

[speech_bubble type=”fb” subtype=”L1″ icon=”ORE_ase.png” name=”タナカ”]今でもおちいりガチで、挫折してしまうパターンがあります。
それが、「ボリュームのある難しい本をマジメに全部」読もうとすること。[/speech_bubble]

 

[speech_bubble type=”fb” subtype=”R1″ icon=”ORE.png” name=”タナカ”]この本シンドイなぁと感じたら、斜め読み・飛ばし読み で全体をつかみにかかったほうがいいです。
その前に、もしあればですが、同じ内容(ジャンル)の薄い本をまず読む。
横浜3日間の研修を終えて、わたしも某ジャンルの薄い本を探しています。[/speech_bubble]

 

執筆後記

「本を買うペース」が「読了ペース」を上回っておりまして、この世に電子書籍というものがあって良かったと思っています。
まぁ、そんな冗談を言っている場合ではなく、たとえ安くても読まないならお茶でも買ったほうがいいワケで…
斜めに読みまくって、積読(つんどく)解消します!
٩( ”ω” )و

昨日の一日一新

WordPress有料テーマの購入